IA〜サッカーを通して世界とつながろう〜


〜サッカーを通して世界とつながろう〜



第3回栗原教諭によるIAの授業のテーマは、
「国際試合を体験しよう」です。

こどもたちは、今年度はすでに2回現地校のアソカカレッジの
こどもたちとサッカー国際試合交流をしています。

第3回目となる今日も、国際試合を通して、世界とつながっていきます。

 
まずは、準備運動。
ここでは、「1、2、3、4〜」の掛け声を
「エカ、デカ〜」とシンハラ語で日本人学校の
子供たちとアソカカレッジの子供たちで合わせていきました。





ストレッチの後は、シンハラ語で自己紹介です。
お互いを敬う握手からのスタートとなりました。

まずは、混成チームでの試合開始です。







アソカカレッジのチームメンバーに、「パス!」と声を掛け合い、
コミュニケーションを高めていきました。



両校のこどもたちが力を合わせて、ゴールに向かっていく
ことで交流を深めていった混成チーム対抗試合となりました。

そして、次は。。。学校対抗戦です。

日本人学校VSアソカカレッジ



円陣を組んでのゲーム開始です。


キックオフ。


第2試合開始わずかでゴール!!!さあ、この調子で!!!





試合結果は、2−4で負けとなりましたが、サッカーの技能の向上や
チームワークの高さを見せてくれたゲームでした。



試合後の子供たちの感想では、
「前回は、点がとれなかったけど、今回は点がとれたのでよかったです。」
「負けたけれど、楽しかったです。」

と、自分たちのチーム力アップを実感すると同時に、サッカーを通して、
国際交流を楽しんだ子供でした。



 
 栗原教諭が最後に子供たちに向けた言葉、
「これからもアソカカレッジと日本人学校がサッカーで交流を深め、
サッカーを好きになってほしい。」

 このメッセージが子供たちの胸に響いたことでしょう。

 サッカーを通して世界とつながった栗原教諭による全3回IAとなりました。
 
 
 




和太鼓寄贈式!

日本人学校に日本太鼓協会から、 長胴太鼓と締太鼓が
一張ずつ寄贈されました。

新しい和太鼓に興味津々の子どもたち。


最初、和太鼓のデモンストレーションをしていただきました。


巧みなバチさばきと和太鼓の迫力に圧倒される子どもたち。


演奏が終わると、児童代表がお礼の言葉を述べました。
しっかりと感謝の気持ちを伝えます。


最後にみんなで記念撮影をしました。


寄贈式が終わると、実際に和太鼓をたたいています。

まずは、手で和太鼓の皮をたたいてみます。
皮の感触を自分の手で確かめます。


次はバチを握り、実際にたたいています。新しい和太鼓に
興奮気味の子どもたち。


思わず笑みがこぼれます。



新しい和太鼓をたたいてみて、ますます和太鼓が好きになった
子どもたち。

来月のJSCフェスティバルでは上学年が和太鼓を披露します。

力強い和太鼓演奏に乞うご期待!


平成24年度もちつき大会

待ちに待ったもちつき大会が行われました。 
日々の学校運営でお世話になっている運営委員の皆様
や保護者の皆様でもちつきなどを行いました。

 

まずは、みんなで「一月一日」を歌いました。
お正月の雰囲気を楽しみました。

その後、みんなでうすを囲み
大使、運営委員長、生徒児童代表でよいしょのかけ声で
もちをならしました。

 

お正月遊びでは、羽根つき、こま回・だるま落とし、けん玉・めんこの
遊びをグループに分かれて体験しました。

 

来賓の方々や家族の皆様も気持ちは子どもになって
楽しんでおられました。
  

このような昔の遊びも日本の文化です。
子どもたちには、語りついでいってほしいと思いいます。

また、もちつき体験では、
重いきねを持ち上げて、家族で一緒につきました。

来年度の入学生もがんばっています。

 

みんなで、「よいしょ」の掛け声で
つくたびにみんなで盛り上がりました。



 

みんなでついたおもちは、もちもちしていました。

その後、つきたての餅を丸もちにして食べました。
できたてのおもちをたくさん食べていた子どもたちです。

 

そして、会場準備の間は、百人一首大会。
練習の成果を発揮していました。
みんな真剣でした。



いよいよ会食開始
おもちは、きなこ、あずき、海苔、お漬物、大根汁。
芳せんの皆様に協力していただきました。



たくさん食べて、笑顔いっぱい おなかいっぱいになりました。

 

今年の抱負発表コーナーでは、
来賓、児童生徒、お父さん、お母さん、教員
それぞれの抱負を聞くことができ、盛り上がりました。

 

 



今年も保護者の皆様や森岡様にご協力いただき、
有意義な時間を過ごせたもちつき大会でした。
今回のもちつき大会は、来賓の方々や家族と十分に交流でき、
みんなにとって思い出に残るもちつき大会になりました。


日本の伝統文化を世界に発信しよう

夏井教諭による3回目のIAが行われました。
テーマは「日本の伝統文化を世界へ発信しよう」です。

華道体験は今日で3回目。今回はスリランカ日本語教師会の方を
招待して、一緒に華道を楽しみました。

まずは今日のテーマを全員で確認します。


テーマを確認したら、早速華道体験開始です。



今までならった華道の技法を思い出しながら、日本語教師会の方に
一生懸命教えます。


最初は緊張気味の子どもたちでしたが、慣れてくると会話も弾み、
自然に笑みがこぼれます。


どんどん花を生けていきます。

華道体験が終わり、感想の発表です。下学年の子どもも積極的に
発表します。たくさんの人の前でも、しっかりと自分の考えが言えます。


もちろん、日本語教師会の方からも感想をいただきました。


最後に児童会長が、日本語教師会の方にお礼の言葉を言いました。


仕上がった作品とともにハイポーズ。


笑顔がすてきです。充実感がにじみ出ています。



日本語教師会の方と華道を一緒に学んだ子どもたち。

日本の伝統文化の大切さを、華道体験から学びました。

これからも、すばらしい日本の伝統文化をどんどん世界の人々に
伝えていきたいですね☆




 


低学年のECの時間

 今週の低学年のECの授業内容は、「単語」がテーマです。



先日の授業では、eから始まる単語の名詞は、"elephant"、動詞は、"eat"のように
a 〜zまでアルフャベット順の名詞と動詞を考えていきました。
(上記の写真の単語は、子供たちが書いた単語を名詞と動詞別にまとめたものです。)



a〜zの単語(名詞と動詞)を見つけた後の今日の授業は、「単語見つけゲーム」でした。
黒板に貼ってある(子供たちが書いた単語)名詞と動詞の単語を見ながら、
サイコロの数のアルファベットのところに進み、単語を言っていきます。
例えば。。。



サイコロが4だったので、スタートから4つ進んでアルファベットは"d"。
dから始まる名詞は、"dog”と単語を言ってゲームが進んでいきました。



みんな夢中でゲームを進めていきます。
ゲームの中で、単語を覚えていき、語彙を増やしていく子供たちです。



今日のゲームチャンピオンは、
スターのステッカーを獲得しました。

週3回のECの時間で、楽しみながら語彙を増やし、スピーキング力や
リスニング力を確実に高めている日本人学校の子供たちです。

感謝の気持ちを伝えよう〜5・6年生の家庭科〜

  5・6年生の家庭科の授業で、身近な人びとへ感謝の気持ちを
伝える方法を考えました。

 
 身近な人びととつながりを深める方法を工夫して、
生活に生かしていきます。
 今回、5・6年生が感謝の気持ちを伝える方法として
自分たちで生けた花をプレゼントし、学校生活でお世話になっている用務員さんたちに、
感謝の気持ちを伝えることにしました。





 いつもきれいに清掃してくれる用務員さん。
 学校の登下校や水泳の時などに、安全運転に努め、
スクールバスを運転してくれているバスドライバーさん。
 学校の安全管理に勤めてくれているセキュリティーさん。
 
 

 それぞれへの感謝の気持ちを込めて、花を生けていきました。




「いつもお世話になります。」のメッセージも添えて、プレゼントをしました。

 



 スタッフは、みんな嬉しそうにプレゼントを受け取り、
「とてもきれいな花をありがとうございます。」
「すごく器用に花を生けていると思います。」など、

 子供たちはお礼の言葉をスタッフからいただきました。




 最後は、全員で記念写真を撮り、「ハイ、チーズ。」

 感謝の気持ちを形や言葉で表すことにより、相手を喜ばせ、
よりよい人間関係を築くことができることを学んだ「感謝の
気持ちを伝えよう」の時間となりました。 





ダワルキャーマ!

3学期最初のダワルキャーマです。

この日が来るのが、みんな楽しみ。
やっぱり、みんなで食べるご飯が美味しいよね。


まずは恒例の、1月が生まれ月の人へ、バースデーカードを贈ります。
「○○さんの、こんなところが素敵です。」
「○○くんは、いつも元気いっぱいでみんなを楽しませてくれます。」

それぞれのメッセージを込めて、カードが渡されます。

そして、お待ちかねの、「いただきます!」


どこのテーブルも、お母さんが一生懸命作ってくれた美味しいお弁当を、
笑顔でほおばります。


学年を超えて、これだけ和気あいあいとした食事の時間を過ごせるのが、
ここコロンボ日本人学校のよいところですね。

さて、おなかがいっぱいになったら・・・
今日の全校遊びは「Sケン!」

外が雨なので、プラザで行いました。


みんなハッスルして、だんだんはげしくなってきました。


お互いの陣地のボールの奪い合いは、みんな必死!
熱い戦いが繰り広げられました(笑)

月に一度のダワルキャーマ、終わったあとのみんなの笑顔が素敵な時間でした。























2013年、スタート!!

今日は3学期の始業式!
新年を迎え、冬休みでリフレッシュしたみんなのさわやかな笑顔が、
朝から学校を温かく包み込みます。

まずは始業式!
2年生の男子児童が、全校を代表しての言葉です。

低学年とは思えない、堂々とした言葉でした。
今年も、みんなのやる気が伝わってきます!

続いて校長先生から、新学期を迎えるにあたっての心構えをお話していただきました。

新年の抱負を考えてきたみんな。目標は実行に移すことが大切ですが・・・
「スタートすれば半分は成功。続ければ、残りの半分も成功。」というお話でした。

確かにその通りですね。みんな、今日この日の新たな気持ちを、
持続させてがんばっていきましょうね!


午後からは、書き初めです。
低学年は、硬筆を中心に行いましたが、毛筆にもチャレンジしてみました。


こんな作品に仕上がりましたよ!
硬筆も、とてもていねいに書くことができました!!

・・・こちらは、小学部中学年以上の様子。


小学部中学年以上、そして中学生は、条幅紙にそれぞれの学年の言葉を書いていきます。



みんな、黙々と集中して書いていきます。
自分で納得のいく字を書けるまで、
何枚でもチャレンジしようとする姿がそこにはありました。

さて、完成した作品を見てみると・・・



どれも力強く、新春にピッタリの言葉です。
そう、君たちはまさに「世界の子」!
創造する心をもって、感動を大切に、そして不言実行の精神で、
今年もきっとキラキラと輝いてくれることでしょう。

コロンボ日本人学校の3学期、いよいよスタートです!!













上がった〜!

昨日理科室にあった「物体」の正体が
明らかになるときがやってきました。


何をやっているか
わかりますか。

 下の方にガスバーナーが見えます。


そう、
これは
紙で作った
「気球」なのです。


今日は
その気球を試してみました。

子どもたちは
興味津々。
そりゃそうですよね、
自分たちが糊で貼り合わせた気球が
上がるかどうかですから。

温かい空気をどんどん気球の中に送りこみます。

さあ、
一回目!

あっ!
バランスが〜。

浮くことは浮きましたが
納得できない結果。

もう一度チャレンジ!

さっきよりは
いい感じで浮き始めました。
さらに温かい空気を送り込みます。



期待の眼差し。


10秒前、
「9、8、7,6、5、4、3、2、1」


上がった〜。

さっきよりも
きれいに浮きました。

でも、
まだ
ちょっと高さが足りない気がします。

それでは
もう一回・・、
と繰り返しているうちに
休み時間に。

他の学年の子どもたちも大いに気になっていたらしく、
気球のまわりにそれぞれ集まってきました。


それでは、
最後にもう一度ということで
また
ガンガン温かい空気を送っていきます。

今度こそ
高く上がれ〜!


10秒前、
「9、8、7,6、5、4、3、2、1」


おっ、
なんだか
さっきと勢いが違う。

「うわ〜」
という子どもたちの歓声。

大成功!

ここまで上がりました!!

「やった〜」と喜ぶ子どもたち。
気球を見上げる輝く瞳。

こういった体験って、
大人になっても
絶対に忘れませんよね。

理科って
やっぱり楽しいな☆

書き初め練習

「お正月」といえば
もちろん
書き初め。

今年度も
3学期の初日に
書き初め大会を行います。

でも
練習なしに
いきなり書いても
自分の志を表現することはできません。
やはり
納得できる字を書くには練習あるのみ。

ということで、
2年生が練習をしました。

自分の好きな字を選んで書きます!
集中していて、
いい感じです。

本番までは
まだ時間があります。

冬休みを利用して
自分らしさを存分に表現した字を書きあげてくださいね。
がんばれ☆ 

<< | 2/52PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

最新10件記事一覧

内容別の記事一覧

月別の記事一覧

リンク

プロフィール