Peace〜身近なことからはじめよう〜 コミュニケーション力を磨こう

 今日は、藤井教諭の第3回目のIAです。
テーマは「コミュニケーション力を磨こう」



今回は、国際社会で活躍される日本貿易振興機構(JETRO)の
コロンボ事務所長である崎重様を講師にお招きし、
これからの国際社会に求められる資質や
コミュニケーションについて考えました。



将来、海外・国際社会で働きたいと思っている人はいますか?
具体的に目指している職業はありますか?
崎重様より早速質問です。



今の思いを子どもたちは、画用紙に書きました。



それぞれの思いが貼り出され、
よく見ると日本から飛び出し世界で活躍したい
子どもたちが多いことが分かりました。

そして、崎重様の小さい頃の夢についてお話がありました。
世界で活躍したいという熱い思いは
小さい頃から心の中にあったこと知ることができました。
ただ、英語がうまくできなかったり、海外とは縁がないなど
様々な困難にもあきらめないで
チャレンジされていたことがお話を聞いて分かりました。

そして、
JETROの仕事の内容を聞いていると、



スリランカ政府、企業の人たちと打ち合わせ、
意見交換、相談にのる。



スリランカ企業向けの講演などを行う。



スリランカ人スタッフとの日々のやりとり。

など人とのかかわりが多く、
仕事の上でコミュニケーションが
大切か分かりました。

ここで2つ目の質問。

スリランカ(外国)の人と接するときにどんなことが大切なのでしょうか?
以前の交流会のことも振り返りながら考えます。



相手のいいたいことがわからない。言いたいことが通じない
困った体験をもとに

シンハラ語(英語)が話せる。
身振り手振りをすれば伝わる
伝えようとする気持ち・・・・
子どもたちは発表していきました。



そして、崎重様が今までの経験をもとに
コミュニケーションで大切なことを
具体例を挙げて教えていただきました。

‥舛┐燭い海箸鯡棲里
完璧な英語を話す必要はない
3惺傘儻譟蔽姥譟κ庫 砲梁臉擇
す駝雲の違いより、同じ人間という前提で考える
ハ誕蠅鮠錣忙っておく
ν蠅泙譴燭蕁複es,but)の精神で
日本のやり方、考え方を押し付けない



それでは、今自分たちができることは・・・

まずは、
・自分の考えをしっかりと伝える。
・相手の話をよく聞く。
・英語をがんばる。



最後に藤井教諭より
コミュニケーションには
IAの時間で身につけてほしいことが
たくさん含まれていること、
心づかい、相手のことを知ろうとする気持ち、
そして、相手に伝えようとする気持ちは、
日々の生活の中で磨かれることを話されました。

日常生活、学校生活と
家族や友達とのかかわりの中で
コミュニケーション力を高めるきっかけが
たくさんあることに気づいた子どもたちでした。

実際に世界で活躍している方から、
コミュニケーションの大切さについて
直接お話を聞くことができ、有意義な時間を過ごせました。
学んだことを現地の方との交流、
自分の将来の夢を叶えるために
生かしてほしいと思います。