生活科 コロンボの図書館に行こう

生活科のまちたんけんで
コロンボのパブリックライブラリーに行きました。
学校で図書室のひみつを調べたので、それと
比べるために行きました。

まずは、調べる前に図書館の前でパチリ。

早速、図書館に入ると、荷物を置いた部屋が
インターネットセクションでした。
インターネットやメールなどが使える部屋です。

受付カウンターから図書館のクマリさんに案内してもらいました。



そして、廊下には図書館のどこに本が
あるのか分かるカードの棚が置いてありました。
分かりやすく整理されていました。

次のペーパーセクションには、スリランカ
インド、他の国の新聞が見ることができます。
シンハラ語、タミル語、英語のものがありました。

チルドレンセクションは、2歳半から14歳が利用できます。
入口には、子どもたちがかいた絵がありました。
また、子どもたちが読みやすいようにテーブルが
たくさんあり、図書も多くありました。



どの棚に何の本があるのか番号で分かるように分類されていました。
こちらもシンハラ語、タミル語、英語での説明が書かれていました。




少しでしたが日本の本や紙芝居があり、
みんな驚いていました。
みんなの顔はうれしそうでした。

そして、リファレンスセクションでは、
様々な資料や本がありました。
日本から寄贈された本もありました。



他にも1冊しかない本など貴重な資料を
見ることができました。



移動図書サービスもあることが分かりました。
日ごとに地区が割り当てられ、様々な人たちに
本を読んでもらい、読書のおもしろさや大切さを伝える
サービスだそうです。



子どもたちは、発見したことをたくさん
メモすることができました。



やはりスリランカで一番大きい図書館には
たくさんの本がありました。
毎日たくさんの人が図書館を利用していることが
分かりました。



コロンボのまちにちょっぴり
くわしくなった子どもたちです。
これからも、コロンボのまちを探検する
1・2年生です。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

最新10件記事一覧

内容別の記事一覧

月別の記事一覧

リンク

プロフィール