自分の限界をつきやぶれ! 〜無限への挑戦〜

10月14日(日) 日本人会&日本人学校共催の大運動会が行われました。


日本人学校の運動会スローガンは

自分の限界をつきやぶれ 〜 無限への挑戦〜でした。

運動会後のみんなのこの笑顔! 
そう、運動会は大成功に終わりました。



どの競技にも全力で取り組む日本人学校の子どもたち。




徒競走にマラソン、そして団体種目など、
日本人会のプログラムとほぼ交互に、
炎天下の中で様々な種目をこなしていきます。


そんな中でも、子どもたちが最もがんばって練習してきたのが、集団演技。
今年は、「よさこい鳴子踊り」と「組体操」を披露しました。
練習はじめは覚束ない演技でしたが、日々練習をかさねることにより、演技も上達し、
何よりもみんなの団結力をより一層高めることができました。



みんな、真剣そのもの! 



はっぴに鳴子。「どっこいしょ!」の声も大きくて、23人だけども迫力満点!



真剣なみんなのすがた、すごくかっこいいね!!


続く組体操も・・・



強い日差しのコロンボの青空の下・・・




子どもたちの演技は見る人に感動を与え・・・




さわやかな風を運んでくれました。



最初は全員そろわなかった倒立だって・・・ほら、この通り!



普段からみんなが仲の良いコロンボ日本人学校のチームワークを、
この運動会でも発揮することができました。
これからも、みんなで助け合って、苦しいことも励まし合って乗り越え、
たくましく成長していきたいと思います。

最後に、日本人会の皆様、運動会お疲れ様でした。
そして、日本人学校の子どもたちの演技にもたくさんのご声援を下さり、
本当にありがとうごさいました。皆様のご支援が、子どもたちの励みと力、
そして自信になります。

これからもコロンボ日本人学校のこどもたちは、キラキラと輝き続けます!!