竹とんぼ寄贈

今日は竹とんぼに挑戦です。

国際竹とんぼ協会から子どもたちに50本の竹とんぼが寄贈されました。

子どもたちは大喜び。まずは、飛ばし方の確認です。


実際に竹とんぼをさわってみます。


飛ばし方を確認したら、早速、飛ばしてみます。

竹とんぼを回す手にも力が入ります。




竹とんぼの飛ばし方に慣れてくると、だれが一番遠くに飛ばせるか
競いました。

その後は、3チームに分かれて、竹とんぼ競技のチーム戦を行いました。

まずは、的当てゲームです。飛ばした竹とんぼがコーンに当たれば、得点が入ります。


みんなで一斉にコーンをねらいます。


なかなか思うところに竹とんぼが飛んでいきません。
「う〜ん、難しい」

次は輪の中に竹とんぼを入れるゲームです。
これはなかなか高度なテクニックがいります。


ねらいを定めて…飛ばします。


なかなか輪の中に入りません。
思うように竹とんぼをコントロールするのは至難の業です。


最後に、竹とんぼでの風船割りをしました。
竹とんぼを飛ばして、風船に当てます。



海外にいながら、日本の昔遊びを思い切り楽しんだ子どもたち。

楽しさと同時に、竹とんぼの奥深さも知りました。

たくさんの竹とんぼを寄贈してくださった国際竹とんぼ協会の方々に
感謝の気持ちを忘れないでくださいね☆





JSCフェスティバルの練習風景


今、コロンボ日本人学校は、JSCフェスティバル一色!

基本的に、休み時間を劇などの練習に充てているので、子どもたちは大忙しです。


まずは、キャンディアンダンスを見てみましょう。

毎週1回、体育の授業に取り入れて行ってきたダンスですが、
このJSCフェスティバルは、1年間の練習の成果を出す場として、
子どもたちにも気合いが入ります。




今日は、ダンスの動きや隊形移動についても練習をしました。
隊形移動がどのようになっているか、少しだけ2階から見てみましょう。







子どもたちの踊りで、プラザにも熱気が広がっていきます。




ちなみに今回のJSCフェスティバルでは、
本校の交流校である現地のアショカ・カレッジを招待しています。
彼らは今回、舞台で「日本舞踊」を披露してくれるようで、
JSCフェスティバルに向けて毎日一生懸命練習してくれています。

お互いがお互いの文化や伝統を尊重して学び会うという姿勢は、
国際交流の視点からはとても大切なことですね。

予行まであと1週間! どんな踊りが完成するか、楽しみです!


****************************************************************


さて、こちらは和太鼓!

実は先日、日本和太鼓協会の方々から、貴重な和太鼓を贈呈していただきました。
子どもたちにとっても、今まで以上に和太鼓が身近に感じるものとなっています。
今日は、音楽の時間の前に少し早く教室に来て、練習しています。




太鼓をたたく姿って、とってもかっこいいですね!
どんな迫力ある太鼓の音を聞かせてくれるのか、こちらも今から待ち遠しいですね!


****************************************************************


最後は、小学部4年生以上から中学生の児童生徒による、劇の練習風景です。









それぞれ、どんな場面か、想像できますか??


子どもたちは、学年劇に英語劇、音楽発表にキャンディアンダンスと、
たくさんの演目をこなさなくてはなりません。
さらに、自分で役を演じつつ、当日の司会や言葉の担当もあり、
そして舞台の背景などの制作にも関わりました。


運動会もそうですが、こうした大きな学校行事を通して、
子どもたちはとても大切なことを学び、そして経験しています。
大変なこともありますが、これらを乗り越えたとき、
舞台の上にはきっと、充実感に溢れる「25の光」が輝いていることでしょう。


あと1週間! がんばれ、日本人学校の子どもたち!!




和太鼓寄贈式!

日本人学校に日本太鼓協会から、 長胴太鼓と締太鼓が
一張ずつ寄贈されました。

新しい和太鼓に興味津々の子どもたち。


最初、和太鼓のデモンストレーションをしていただきました。


巧みなバチさばきと和太鼓の迫力に圧倒される子どもたち。


演奏が終わると、児童代表がお礼の言葉を述べました。
しっかりと感謝の気持ちを伝えます。


最後にみんなで記念撮影をしました。


寄贈式が終わると、実際に和太鼓をたたいています。

まずは、手で和太鼓の皮をたたいてみます。
皮の感触を自分の手で確かめます。


次はバチを握り、実際にたたいています。新しい和太鼓に
興奮気味の子どもたち。


思わず笑みがこぼれます。



新しい和太鼓をたたいてみて、ますます和太鼓が好きになった
子どもたち。

来月のJSCフェスティバルでは上学年が和太鼓を披露します。

力強い和太鼓演奏に乞うご期待!


ダワルキャーマ!

3学期最初のダワルキャーマです。

この日が来るのが、みんな楽しみ。
やっぱり、みんなで食べるご飯が美味しいよね。


まずは恒例の、1月が生まれ月の人へ、バースデーカードを贈ります。
「○○さんの、こんなところが素敵です。」
「○○くんは、いつも元気いっぱいでみんなを楽しませてくれます。」

それぞれのメッセージを込めて、カードが渡されます。

そして、お待ちかねの、「いただきます!」


どこのテーブルも、お母さんが一生懸命作ってくれた美味しいお弁当を、
笑顔でほおばります。


学年を超えて、これだけ和気あいあいとした食事の時間を過ごせるのが、
ここコロンボ日本人学校のよいところですね。

さて、おなかがいっぱいになったら・・・
今日の全校遊びは「Sケン!」

外が雨なので、プラザで行いました。


みんなハッスルして、だんだんはげしくなってきました。


お互いの陣地のボールの奪い合いは、みんな必死!
熱い戦いが繰り広げられました(笑)

月に一度のダワルキャーマ、終わったあとのみんなの笑顔が素敵な時間でした。























水曜日は・・

毎週水曜日の中休みは
「全校遊び」の時間です。
小学1年生から中学3年生までが、
一緒に遊びます。

今日の遊びは
「こおりおに」。



オニにつかまったら
その場で固まる。
味方にタッチされたら
再び動ける。

至ってシンプル。
だけど楽しい。
いや、
だから楽しいのです。


つかまえちゃうぞ〜。



待て〜!
いやだ〜!



今日も
全員が思いっきり
体を動かしました。

そのあとは、
やはり
すっきりとした様子で、
いつも以上に学習がはかどったようでした。☆


図書集会

今日は、図書委員会による図書集会がありました。

本あてジェスチャークイズを図書委員会が企画し、
クイズが盛り上がり、笑顔で始まった1日でした。



さあ、図書委員のみんなは、どんな楽しいクイズを考えたのでしょう。



この箱から引いた「本」のストーリーをジェスチャーで表現し、
他の人にその「本」を当ててもらいます。

ジェスチャーを志願してくれた低学年の児童は、


青い葉を口にくわえたジェスチャーです。。。さあ、この本は?
なかなか、答えが難しいようで、図書委員長が助っ人に入り。。。
さあ、この本は?




そうです、答えは、『腹ペコあおむし』でした。



次のクイズでは、ジェスチャーは、小物を使ってのジェスチャーをしてくれました。
タバコを吸っているジェスチャーをしてくれました。しかし、
こちらも、答えは難しく。。。またまた、頼りになる委員長の助っ人が入り。。。

ジェスチャーは、指を指しています。「タバコを吸って、指を指している」
さあ、この本は?



答えは、『シャーロック・ホームズの事件簿』でした。

次のクイズは、
女の子が倒れて、委員長が手を動かしています。。。
手術のジェスチャーをしているようです。


こちらは、『ブラック・ジャック』でした。

最後のクイズは、図書委員のメンバーからの出題で、
1人(1匹目)、2人(2匹目)、そして、耳の小物を使った1人(狼!?)が
登場し。。。



3人(3匹目)も登場してきて。。。



この本は。。。


『3びきのこぶた』のストーリーを上手にジェスチャーしてくれた
こともあり、
ほとんどの子供たちは、答えがわかったようでした。


ジェスタークイズをしながら、本の紹介をし、読書の推進を
していった図書委員会の企画クイズでした。





本が大好きな日本人学校の子供たち。たくさんの本を読み、素敵な本との出会いが心の
糧となることでしょう。

図書委員会のみなさん、本あてジェスチャークイズの企画・準備ありがとうございました。
30日の朝は、みんなが笑顔になり、楽しい朝を迎えられました。次回の集会も楽しみにしています。








ランチタイムの放送

 9月は、放送に耳を傾けながら、ランチを食べています。 
先週から、本部運営委員会の放送司会のもと、「2学期に頑張ること」を
各学年で発表しています。

今日のお昼の放送は、5・6年生が発表担当でした。



「運動会では、鳴子ソーランと組体操をがんばりたいです。」と
10月にある運動会に向けての目標を発表してくれました。

先週からのランチタイムは、「国語をがんばりたい」
「運動会のマラソンで1位になりたい」
「スリランカのことをたくさん学びたい」などと全校児童生徒と学校職員の
チャレンジへの勇ましい声が流れていました。

今回の放送により、更に目標達成への意識を高めることができた子供たちです。

この放送期間中、「今日の放送は何かなあ?誰の目標かなあ?」とライチタイムの
放送を楽しみにしている児童が多かったです。
本部運営委員会のみなさん、司会、お疲れ様でした。そして、楽しい放送企画を
ありがとうございました。



耳をすませば・・・

火曜日の朝・・・

朝の活動時間前、職員室の中にいると、なにやら音が聞こえてきます。

耳をすませてみると・・・

トントントン・カンカンカン・・・ どうやら図工室からです。

早速図工室をのぞいてみると・・・



・・・みんな、図工の作品制作に夢中になっていました。
木を使った工作の仕上げをしているようです。
金槌を使った釘打ちも、なかなか上手に行っていました。

「トントン・さくさく 木の名人」 どんな作品ができたかな??




どれもユニークな作品ばかりが並びます。
子どもたちの想像力、そして創造力って、やっぱりすごいですね。

みんな、「木の名人」になれました!!


・・・さて、今度は1時間目。次に聞こえてきた音は・・・

・・・ドンドコドン、ツタタタタタタタ・・・・

今度は音楽室からです。
これも少しのぞいてみると・・・




今度は、キャンディアンダンスの太鼓の音でした。
キャンディアンダンスの太鼓の音って、とても心に響いてくるものがあります。

こどもたちは、細かい動きについて、指導を受けていました。

JSCフェスティバルの舞台も、こうした年間を通した練習の継続から生まれるものなのだと、改めて感じました。

「継続は、力なり!!」ですね、やはり。

朝からいろんな音が聞こえてきた火曜日・・・でした。


プラザ拭きそうじ、9月

月に一度のプラザ拭きそうじ。

今日は9月のその日です。

昼休みの後、
全校児童生徒でプラザそうじに取り組みました。




みんな
一生懸命に雑巾がけをします。
 

力を込めてゴシゴシゴシ・・。


隅々まで
拭き拭き拭き・・。



予想はしていましたが、
やはり
雑巾は真っ黒。

でも、
みんなががんばって掃除した後のプラザは
いつもよりず〜っとず〜っと
さわやかでしたよ!


みんなで使う場所を
みんなで一生懸命掃除をする。
とっても清々しい気持ちになりますね!☆

7月のダワルキャーマー

  〜7月のダワルキャーマー〜

 
 毎月の合同ランチでは、当月の誕生者のお祝いから始まります。



「誕生日おめでとうございます。スポーツマンで優しいところが
素敵だと思います。いい歳にしてください。」と環境文化委員会から
お祝いメッセージが添えられた誕生日カードを配られました。

その後は、待ちに待ったランチ開始です。

 


愛情弁当を頂きながら、会話も弾みます。
全校でのダワルキャーマーを楽しみにしている
子供たちも多く、笑い声が絶えないランチタイムです。

ランチ後は、全校遊びです。

今月は「王様ドッヂボール」です。
「王様ドッヂボール」とは、「各チームで話し合って1人、王様を決め、
その王様が当たってしまったら負け」となるボールゲームです。


チームで話し合って、王様を決めています。







王様を守りながらも、相手チームを攻めていきます。
よく動き、たくさん笑った王様ドッヂボールでした。

環境文化委員会の計画のもと、毎月、楽しい月初めとなるダワルキャーマーの日。
環境文化委員会のみなさん、いつも楽しい企画をありがとう。
次回も楽しみにしています。

| 1/6PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

最新10件記事一覧

内容別の記事一覧

月別の記事一覧

リンク

プロフィール