平成24年度JSCフェスティバル


木曜日の予行でうまくできなかったところを練習し、
いよいよJSCフェスティバルの日がやってきました。
子どもたちは劇に、英語劇に、踊りに、音楽にがんばりました。

今回のテーマ
「舞台で輝け! 25の光!〜届けよう 笑顔と感動を〜」のもと
毎日練習に取り組んできました。
がんばった分だけどんどん力がついてきました。



本番前の声出し。緊張気味の全校児童生徒たち。
 
 
さあ、スタートです。


 
◎和太鼓演奏「御神火太鼓」
日本太鼓協会から寄贈された新しい太鼓も使って
集団演奏をしました。
伊豆大島の三原山の火口から噴出する炎、神の火「御神火」を
力強く表現して演奏をしていた3〜6年生です。




◎1・2・3年学年・劇「コロンボの音楽隊」
初めは緊張した様子でしたが、自分の役になりきって
大きな動作と大きな声でしっかりセリフを言うことができました。



出会った動物たちは、コロンボを目指します。語り手も一緒に目指します!!



ドロボウの家を動物たちは、おばけになって追い出します。



再びやってきたドロボウですが、動物たちの迫力に圧倒されていました。
最後は、みんなで仲良く歌いました。めでたし、めでたし。


◎EC劇「The little red hen」
ロシアの物語をスリランカ風に変えて演じました。
低学年は自分でセリフを考え、高学年は毎週ナレーターの練習に頑張りました。



動きもつけながら、自信をもって英語を話していました。



マドゥリ先生の指導のもと一人一人が大きな声と自信をもって
英語を話していたのがとても印象的でした。
英語がどんどんうまくなってきている子どもたちです。


◎アショカカレッジから
交流をしているアショカ・カレッジ校からの出し物は日本舞踊でした。
アショカカレッジの生徒たち20人が、着物を着て二曲踊ってくれました。
笑顔いっぱいで踊っていました。


 
◎キャンディアンダンス
毎週火曜日に授業を行っていたキャンディアンダンス。
ロイヤルカレッジ校のダンスのブッディ先生に
教えていただいていました。
今年度の集大成発表です。



ベーシックポジションや難しいステップを踏むことが
なかなかできず苦労しましたが、本番には元気
いっぱい楽しんで踊ることができました。




◎小学部4年生〜中学部3学年・劇「君たちが教えてくれたこと」
「いのち」の大切さ、そして身近な「家族・友だち」の大切さをテーマに、
コロンボ日本人学校バージョンにアレンジしたものを演じました。。


 
生死の境に迷い込んだ一人の女の子、あかね。
その少女の前に現れた、不思議な友だち・・・
そんなみんなの絆が、物語の最後に奇跡を起こします。



上学年の劇に引き込まれていました。
夢中で見ていた、1・2・3年生の子どもたちです。



笑いあり、涙あり そして、みんなの迫真の演技に
会場の皆様も胸が熱くなっていました。


◎1・2・3年生歌唱「ぜんぶ空」
コロンボの青い空のもと 元気いっぱいに毎日を過ごしている子どもたち。
青い空、風、海そして地球に向かって エネルギッシュに歌い上げました。



◎全校合奏「剣の舞」
全校児童生徒による合奏は、
ハチャトウリアン作曲 舞踏組曲ガイーヌより「剣の舞」。



全校児童生徒が心を一つにして、
剣をもって舞う戦いをダイナミックな演奏で表現しました。



バイオリンのソロの部分もばっちりでした。

◎全校斉唱「COSMOS」
語源は古代ギリシア語で「宇宙」。
長い歴史の中で私たちの命の始まりは宇宙でした。



その宇宙からの遺伝子の一部は引き継がれ現在に至っています。
みんな仲良く ひとつになれる想いを込めて歌いました。



今年度、学校に登校するのは、残り10日あまりですが、
どうぞコロンボ日本人学校の子どもたちを温かく見守ってください。
見に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。


はつらつ!体育集会

今日は
体育集会がありました。
前々から
体育委員会のみんなが準備を進めてきました。

説明する方も
これから始まる集会への期待感で、
ついつい笑顔になってしまいます。

さて、
本日の集会の内容は
ずばり!
「ミニオリンピック!」。

これが
会場です!

んっ!!
どんな競技なんだ!?

まあ、いい。
気にせず、
それでは
スタート〜!

まずは、
バットを額につけて、
まわります。(1・2年生は5回、3年生以上は10回です!)


「余裕よゆう〜」
と思っていると・・

大変なことになります。
おっとっと〜。


想像以上に
平衡感覚がマヒします。
いや〜、まいった。


その次に待ち受けるのは
これ!






リズムよく
進んでいきます。

が、
直前の「バットまわり」でクラクラしている子には
シンドイ・・。

でも、
楽しそうです(笑)。


さてさて、
次に待ち受けるのは
これ!


そう、
ネットくぐり。

予想していた以上に
絡みまくる子どもたち。

なかなか出られません。


出られないよう〜。


もう、
いやだ〜。

助けて〜。

でも
中には
スルッと抜け出る子もいます。
かっこいいなぁ。


さあ、
佳境に入ってきました。



最後は
バスケットボールでドリブルして進んでいきます。
しかし、
途中、
なんと
平均台が待ち受けています。

つきながら
渡っていきます。

目線をボールに集中すると
平均台から落ちてしまいます。
う〜ん、
スリル満点!

これを乗り越えると
次の人にバトンを渡せるのです。

レースは
一進一退(?)の様相。


アンカー勝負!


アンカーだけは、
最後に
バスケットボールをゴールに入れなければなりません。
さあ、
どちらが先にゴールできるか〜。


決まった〜。
劇的な勝利〜。

いや〜、
ハラハラドキドキのする争いでした。
観ている方も面白かったです!



実は、
もう一種目あるのです。

それは!
「モップdeボール転がしリレー」!

説明はいりません。
名前のままの競技です。

これも、
想像以上に
難しく、
自分の思いとは裏腹に
果てしなく進んでいってしまった子どもが続出。


普段、
モップでこんなことしたら、
怒られちゃいそうですが、
今日は特別。

こちらのレースもとっても盛り上がりましたよ!

J-Fesの練習の合間、
こういった催しは、
気分転換になっていいですね。

体育委員会のみなさん、
準備と運営、
おつかれさま!そしてありがとう!
思い出に残るひと時となりました!☆


ダワルキャーマ 〜2月〜

今日は、
月1回のお楽しみ「ダワルキャーマ」。

みんな朝からワクワクしていました。


まずは、
恒例となった
「今月のお誕生お祝い」。
2月生まれの人にカードをプレゼントします。
 
一人ひとり違うメッセージが添えられています。
嬉しいなぁ。

さて、
それでは
「いただきます!」

最初は和やかに。

学級とは違う顔ぶれに、
会話もいつも以上に弾みます。

笑顔で
食べます。


味わって食べます。




おいしいので
ついつい
いっぱい頬張ります。


おいしさと楽しさのあまり
ついつい

喜びを表現してしまいます。


今日のお弁当も
最高だったよ!
お母さん、
いつもいつもありがとう!(児童生徒一同)


さあ、
お腹がいっぱいになったところで、
もう一つのお楽しみ、
全校遊びです。

今回の遊びは・・

「ドッジビー」です!

ドッジビーとは、
「ドッジボール」の「ドッジ」と
「フリスビー」の「ビー」を
くっ付けた名前だそうです。
ルールは簡単。
ボールの代わりに
フリスビーで行うドッジボールです。
と、言葉で言うのは簡単。
でも、
実際やってみると
なかなか思うようにフリスビーが飛んでくれません。

何度かやってみたあと、
「王様ドッジビー」に変更することに。
チームで王様を決めます、相手にわからないように・・。



「うわ〜」
うまくかわした〜。

徐々にフリスビーに慣れてきた子どもたち。
子どもは順応するのが早い!

「さあ、だれをあてちゃおうかな〜。」

「きゃ〜。」
という、
喜々とした声が響き渡るプラザ。

今回も
瞬く間に時間は過ぎていきました。


いよいよ
今年度のダワルキャーマも
残すところ3月の1回のみ。

次回も
みんなで
最高に楽しんでしまいましょう!

環境文化委員会のみんな、
ありがと!☆



劇練!

上学年、
劇の練習の様子です。

どんな場面なのでしょうか?

シリアスな場面でしょうか?
楽しい場面でしょうか?

これだけでは
わかりませんね。

でも、
ここでは
内容は明かしません。

本番当日をお楽しみに!☆ 

2013年、スタート!!

今日は3学期の始業式!
新年を迎え、冬休みでリフレッシュしたみんなのさわやかな笑顔が、
朝から学校を温かく包み込みます。

まずは始業式!
2年生の男子児童が、全校を代表しての言葉です。

低学年とは思えない、堂々とした言葉でした。
今年も、みんなのやる気が伝わってきます!

続いて校長先生から、新学期を迎えるにあたっての心構えをお話していただきました。

新年の抱負を考えてきたみんな。目標は実行に移すことが大切ですが・・・
「スタートすれば半分は成功。続ければ、残りの半分も成功。」というお話でした。

確かにその通りですね。みんな、今日この日の新たな気持ちを、
持続させてがんばっていきましょうね!


午後からは、書き初めです。
低学年は、硬筆を中心に行いましたが、毛筆にもチャレンジしてみました。


こんな作品に仕上がりましたよ!
硬筆も、とてもていねいに書くことができました!!

・・・こちらは、小学部中学年以上の様子。


小学部中学年以上、そして中学生は、条幅紙にそれぞれの学年の言葉を書いていきます。



みんな、黙々と集中して書いていきます。
自分で納得のいく字を書けるまで、
何枚でもチャレンジしようとする姿がそこにはありました。

さて、完成した作品を見てみると・・・



どれも力強く、新春にピッタリの言葉です。
そう、君たちはまさに「世界の子」!
創造する心をもって、感動を大切に、そして不言実行の精神で、
今年もきっとキラキラと輝いてくれることでしょう。

コロンボ日本人学校の3学期、いよいよスタートです!!













水泳記録会

金曜日に今学期の水泳記録会が行われました。

それぞれが自己新記録をめざし、自分の限界に挑戦します。

今学期の練習の成果を披露するときがきました。



「記録を更新しよう」という意気込みが、その泳ぎから伝わってきます。


背泳ぎもきれいなフォームで楽々と泳ぎます。

もちろん、下学年も自分で決めた種目に果敢に挑戦します。


とても気持ちよさそうに泳ぎます。



宝探しに挑戦します。プールの底に沈んでいる宝を潜って
探し出します。

すべての宝を探し出しにっこり!



自分の目標記録に向けて、精一杯泳いだ子どもたち。

日々の練習の成果が十分発揮できました。

来学期の水泳記録会では、さらに記録を伸ばしていきたいですね☆



 


体験入学

今週の金曜日は
来年度新1年生となる子どもたちを対象とした
「体験入学」でした。



この日のために
日本人学校の子どもたちは
いろいろと準備をしてきました。

特に
1・2年生は
自分たちでアトラクションを考え
使用する道具を手作りしました。
来てくれた子どもたちが
楽しい思い出を作って帰ってくれるようにとの
願いを込めて。


始めの会。
司会者も立派でしたし、
始めの言葉も上手でしたよ!


さあ、アトラクションの始まり始まり〜〜。


こちらは、
「さかなつり」グループ。

 

ルール説明しているところです。
魚もた〜くさん作りました。(後ろのシートの上に見えます)


こちらは、
「たのしいめいろ」コーナー。

「よくできたね〜。」と賞状をあげています。
いい顔してるね。

他に
「まとあて」コーナーもありました。
こちらは、
こんな賞状を用意しました。

ていねいな字だな〜。こんなきれいな字が書けるんです!


アトラクションの他にも
「折り紙しゅりけん」と「パッチンガエル」を作りました。

優しく教える姿が頼もしい!!


熱心に教える姿がステキです!


お姉さんだな〜。



見守る姿がいいな〜。




共に楽しむ姿が清々しい〜。



来てくれたみなさんが
とても楽しそうにしてくれたのが
日本人学校の子どもたちの励みになったようです。


普段、
学校では下級生として過ごしている1・2年生が
お兄さん・お姉さんとして
がんばりました!
随分と
ステキな成長をしているんだなと強く実感できた瞬間でした!!



1・2年生のみんな、
よくできました!!
おつかれさま!!☆

宿泊学習3日目編

今日は宿泊学習最終日。
そして、みんなの思いが届いたように、朝から青空が見えました。



せっかくの自然に囲まれたホテルです。朝の集いの後、みんなで周辺を散策してみようということになりました。



さて、一体何が見つかるかな・・・?



まず最初に見つけたのは・・・



ジャックフルーツの木でした。普段お店や木の高いところになっているのはよく見ますが、
間近で眺めたりさわったりすることは、意外に少ないようです。

次に・・・おや、トカゲ??カメレオン?



みんな珍しがって、つかまえようとしますが、なかなかすばしっこいです・・・



さらい歩いていると・・・
おや、何か人の顔みたい・・・ いろんな発見があるものです。



これは・・・アリ塚ですね。こんなところでこんなに大きいアリ塚を見れるとは・・・
みんな口々に「オーッ」「でかい!」



そしてこれは、ウスバカゲロウ??
ホテルでたくさん見ることがありました。



そして、これはアフリカマイマイのような・・・



こちらはヤスデ。しかしさらに・・・



校長先生がなにやら不気味なものを見つけてきました。



うわっ!! これもヤスデでしょうか。しかし巨大です。



つっついてみます。う〜ん、動かない・・・
みんな、珍しい生物をたくさん見て、大興奮でした。




なかなか収穫の多い朝の散策でした。
最後は班ごとにポーズをとって、「はい、チーズ!」


さて、ホテルを後にして、この日はキャンディ湖をのぞむビューポイントへと向かいました。



キャンディ湖をバックに、みんなで記念写真!!




そして、ペラデニア植物園に向かいました。
前日までの雨がうそのように、青空が広がっていきます。




ここでは珍しい植物がたくさん見られます。
大ジャワ・ビンローの木に双子ヤシなど、それぞれのチェックポイントを探しながら、
班別にオリエンテーリングです。



「あっちかな?」


う〜ん。どっちに行けばいいんだろう??



・・・なんて言ってたら、スリランカの生徒たちに声をかけられて、
「一緒に写真を撮ろう!!」と言われました。記念に、パシャ!!

みんな、マップを見ながら協力していますね!






日本人学校のチームワークのよさで、どの班も楽しく協力して活動していました。


そして、オリエンテーリングのあとは、楽しいおやつタイムです。


今回の宿泊学習では、いろんなことを学びました。


そして、この3日間の思い出は、何物にもかえがたい宝物となったはず。


コロンボ日本人学校の2泊3日にわたる宿泊学習は、雨のスタートとなりましたが、
最後は青空の下、みんなが笑顔になれる最高の思い出になりました。


キラキラ笑顔 仲間と協力 何でもチャレンジ JSC

宿泊学習編(完)











宿泊学習2日目編

朝目覚めると・・・が降っていた(泣)
しかも一晩中降り続いた様子。

朝の集いも、屋内で行いました。


ヌワラエリヤは寒い。
だから、集い係も考えて、朝の体操に「おしくらまんじゅう」を取り入れていました。

さあ、天気は雨だけど、今日も元気に行ってみよう!!


この日の午前は、アッパー・コトマレ水力発電所の見学です。



初日に引き続き、前田建設の皆様にお世話になりました。



地下に入って行きます。なかなかできない体験に、子どもたちも興味津々です。




昨日訪れたダムから、水路を通ってこの発電所まで水が流れてきます。
そしてここで発電が行われ、変電所を通って家庭で使える電気となって、
わたしたちの住むコロンボにも送られます。


実際に見学した後は、事務所で細かい説明を聞きます。
発電というと、とても難しい話に聞こえますが、みんな理解できるでしょうか・・・?





・・・というのはいらぬ心配でした。




コトマレダムや発電所での仕事についてのくわしいお話を、
子どもたちにも分かりやすいプレゼンと、子どもたちの好奇心をくすぐるおもしろい実験で、
見事に説明していただきました。





見てください、子どもたちのこの表情




このような経験を通して、
子どもたちはいろんなことに興味を持つのですね。

最後の質疑応答では、たくさんの質問が飛び交いました。。




たくさんの質問が出ます。それに対して1つ1つ、ていねいに教えてくださる職員の皆さん。
そんな中、こんな質問も!

「国際社会で活躍できる人間とは、どんな人でしょうか」

実は、コロンボ日本人学校の教育の指針として、
「国際社会で活躍できる人物の育成」というのがあります。
ここスリランカで水力発電開発に尽力し、まさに海外で活躍しておられる職員の方々からは、
次のような答えが返ってきました。

「好き嫌いなく、その土地土地の食べ物を食べることができることが大切」
「現地の人たちとも積極的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢」
「物事を前向きに受け入れようとする心構え」・・・などなど。

皆さんそれぞれに、しっかりと力強く語ってくださいました。



最後に所長さんからも、心が熱くなるお言葉を頂きました。

数年にも及ぶ水力発電開発の大プロジェクトを成し遂げられた職員の皆さんの姿は、
子どもたちの心にしっかりと焼き付きました。私たちも、いつか皆さんのように、「国際社会で活躍できる」人になりたいと思います。

前田建設の皆様、本当にありがとうございました。





・・・さて、発電所での感動の余韻を残して、旅は続きます。

ヌワラエリヤ周辺は、言わずと知れた世界有数の紅茶の産地。
Blue Fieldsという紅茶工場に行き、紅茶のできる過程を説明してもらいました。
降り続く雨のため、残念ながら予定していた茶摘み体験はできませんでしたが、
それでも紅茶の産地ならではの工場見学ができました。



お土産も、みんなしっかり買って、この日の宿泊地へ到着。 

この日泊まるホテルは、かなり山奥に入っていきました。
豊かな自然に囲まれたこのホテルで、夕方キャンディアンダンスを鑑賞しました。





日本人学校では週に1回、キャンディアンダンスを習っていますが、
やはり本場のダンスは迫力満点!
子どもたちも魅入っていました。



さらに最後は、ファイヤーダンスも披露してくださいました。



キャー!! 火の上をわたるパフォーマンスに、思わず歓声と叫び声も!!
「すごい!」「なんであんなことできるの!?」

みんな、キャンディアンダンスを満喫したようです。
でも、ファイヤーダンスだけは、よい子のみんなは、まねしないでね!!

3学期のJSCフェスティバルに向けて、
みんなこれからもがんばってダンスを練習しましょうね!



さて、本日最後のイベントは、みんなが楽しみにしていた「キャンプファイヤー」!
・・・といきたいところでしたが、この日も夕方まで雨が降り続き、
急遽「キャンドルの集い」に変更せざるを得なくなりました。

しかし、このキャンドルの集いは、
子どもたちにとって最高の思い出となったようです。




火之神が登場し、聖なる火を受けます。



僕たちの友情も、
この聖なる火のように永遠に続きますように・・・









美しいろうそくの火をじっとながめていると、心があたたまる気がします。



コロンボ日本人学校のきずなは、運動会、交流会、そして今回の宿泊学習と、
それぞれの行事を通して確実に深まりを見せています。



仲間がいるから・・・



家族がいるから・・・



そして、周りで支えてくれるみんながいるから、
こんなに笑顔になれる・・・




そんな人たちへの感謝を忘れずに・・・



この広い地球上で、故郷の日本を離れ、
ここスリランカという国でみんなと出会ったキセキ・・・


何年、何十年 時を超えても、きっとみんなの一生の宝物。


雨の宿泊学習だったけど、いつも晴れやかなみんなの笑顔。

きっと、最終日の明日は、みんなの心のようにすみ渡る青空が広がっていることでしょう。

(3日目編につづく)












宿泊学習1日目編

今日は、待ちに待った宿泊学習1日目!!
小学部3年生以上のみんなで出かけます。
さて、どんな宿泊学習になるのやら・・・・・?



しかし、この日は朝から雨・・・
今回はヌワラ・エリヤ方面へバスで移動するため、少し雨の影響も心配されましたが、
それでも子どもたちは雨を吹き飛ばすように元気に出発しました!


長時間のバス移動から、まず昼食場所に訪れたのは、Tea Castle。
なかなかおしゃれな建物でした。
午後からの「ダム見学」に備えて、しっかり食べました。


さて、この日の行程で1つのメインだったのが、
「アッパー・コトマレダム」の見学でした。
スリランカの水力発電開発に、多くの日本の企業が寄与しています。
前田建設さんは、その中でも特に、この「コトマレダム」そして「地下発電所」の建設に
大変尽力されていますが、今回の施設見学に際し、
私たち日本人学校を、大変快く迎え入れてくださいました。



雨の中をとても熱心に説明していただきました。
子どもたちも「ダム」を見て、一様に驚きの声を上げていました。
特にこの日は、ちょうどダムの水が放流されているところで、
めったに見れない機会であるとのことでした。
雨で残念なことばかりではありませんでした。
「雨が幸いした」のです。これを聞いて、少し心が晴れた気がしました。
みんな、貴重な光景を見れてよかったですね。

2日目は、水力地下発電所を見学させていただきます。
明日もよろしくお願いします!!



さて、悪路をノロノロと安全運転で「ヌワラエリヤ」に到着しました。
ホテルにチェックインしたあと、ヌワラエリヤ市街散策に出かけました。
それにしても、コロンボと比べてヌワラエリヤは、やはり肌寒い・・・
町ゆく人も皆長袖にジャンパーです。常夏のスリランカにあって、
久々にちがう季節感を感じた子どもたちです。

青果店に日用雑貨、野菜に肉のマーケット。
寒くても、マーケットの人々の熱気はやはりスリランカです。
子どもたちが興味をもったお店は・・・やはりおもちゃ屋さんです(笑)
閉店間近のお店に入り、お気に入りのおもちゃを買い求めていました。
お店のお兄さんも、とても優しくしてくれました。

さて、その後、ヌワラエリヤのシンボル的な景観を持つ、郵便局を訪れました。
植民地時代のイギリスの影を色濃く残すそのたたずまいは、一見の価値。




班ごとに、「はい、チーズ!!」


雨のせいもあり、ホテルにたどり着く頃には、すっかり暗くなってしまいましたが、
それでも自分の足でヌワラエリヤを堪能した1日目でした。





あ〜、お腹が空いた・・・
おいしい料理をたくさん食べて、しっかり休んでね。
明日は晴れますように・・・

(2日目編へ続く・・・)



| 1/15PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

最新10件記事一覧

内容別の記事一覧

月別の記事一覧

リンク

プロフィール